期間工における求人条件の向上

自動車産業などにおいて、期間限定で働く労働者すなわち期間工の求人がなされることがしばしばあります。特に自動車の新車を販売したいタイミング決算時前などにおいて、集中的に雇用を図る動きが見られるところです。一方で、日本では少子化と高齢化の進展で人口減少時代に突入しました。労働者そのものが少なくなり、大学等新卒者の雇用も期間工のような形では無く正社員として雇用をする動きが加速している状況です。

すなわち、若い人たちがこの期間工で働く状況がなかなか生まれなくなっていることがあります。したがって、期間工の採用枠を広げるためには、その求人条件を良くするなどしないと、そもそも応募自体が無くなってくるわけです。社会保険、厚生年金への加入は当然のこととして、その他にも雇用保険への加入、工場近くに寮の整備を行うのはもはや当たり前の時代になりました。さらには、その寮にあっては三食付きで寮費を抑えるなどといった対応で、福利厚生にも力を入れざるをえなくなっています。

こうした対応が出来ていないと、他社に後れをとってしまうわけです。結果、現場での人手不足により働く人の雇用が出来なくなり、売上などの目標達成が難しくなることが指摘されています。今後も少子化高齢化がとどまる気配が無い以上、期間工を契約社員としてでは無く正社員として雇用するなどの対応を考えていかざるを得なくなるのは必然です。求人条件が良くなっていくのは間違いがない情勢と言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です