期間工で働いていても給料に差ができる理由

期間工で働いていても、給料に差ができることがあります。期間工の仕事は実力主義の側面があり、がんばって働いている人ほど評価される傾向があります。給料に差ができるとは言っても、努力が報われるということであり、メリットであると考えておくのが良いでしょう。具体的には、毎月もらえる皆勤手当てなどが差ができる原因になります。

病気によって欠勤をした場合にも皆勤手当てはもらえません。フルで出勤をしていても、遅刻をした場合には100%の出勤とは言えませんので、皆勤手当てはもらえません。期間工の求人にもよりますが、皆勤手当ては毎月2万円~4万円程度になっているので、それなりに大きな差となります。時間を守る人、健康管理をしっかりとして休まないようにする人を企業は求めていると言えます。

皆勤手当ては満了金として支給されることもあるので、毎月もらえるものとは限りません。また、契約が更新されて長く働いている人や、過去にも期間工として働いたことがある人は、給料が高くなったり、経験者手当てがつくことがあります。未経験の人と2年目の人では年収に50万円以上の差がつくことがありますが、これはむしろ経験が評価されているということなので差別にはあたらないでしょう。このように、期間工では能力が正しく評価されるという意味では、やりがいのある仕事と言えます。

遅刻や欠勤にはとても厳しいので、健康管理にはしっかりと気をつけておきましょう。お酒はなるべく控えたほうがよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です