職歴なしでもなれる期間工

中学や高校、あるいは大学や専門学校を卒業してから、一度も正社員として就職したことのない人も、期間工としてたくさん活躍しているのが現実です。いわゆる、「職歴なし」の人が一般の企業に正社員として採用されるのは困難であると言われています。仕事をしていない期間に、学校に通っていたり、外国に留学していたり、家族の介護をしていたなどの合理的な理由がないかぎり、採用されるケースは少なくなっています。しかし、期間工として働いている人の中には、職歴なしの人が意外と多いことはあまり知られていません。

採用にあたって、前職の知識や技能などは必要とされておらず、本人のやる気が重視されるため、職歴の有無はほとんど問題となりません。特に、20歳代から30歳代の比較的若い年齢の人にとっては、今までアルバイトさえしたことがなくても、それが原因で面接で落とされることはほとんどありません。期間工とした6ヶ月から3年ほどの期間働くことで、職歴なしの人も立派な職歴を持つことができます。次に就職先を探すときには、履歴書や職務経歴書に期間工として働いた事実を正々堂々と記入できるようになります。

この仕事は、肉体的・精神的なタフさが要求されるため、契約した期間にわたってしっかりと勤務したという事実は、次の仕事を探すときに大きな武器となるでしょう。また、まじめに勤務していれば正社員になれるチャンスもあるため、この先10年20年も仕事探しをする必要がなくなる可能性もあります。静岡の期間社員のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です