期間工は栄養バランスの良い食事をとりやすい

期間工は、その会社の工場で勤務するので、基本的に会社の寮に住み、勤務日には通勤バスで往復します。しかし、激しい肉体労働が長時間続くため、期間工の健康を守るために会社では食事面についても気を配っているのです。工場内には他の社員を含めて利用している社員食堂があり、営業時間内であれば複数のメニューの中から自由に選べます。セルフサービスのレストランに近い形式で、自分でおぼんを持って、希望するメニューの列に並んで、各自で料理が入った器を取っていき、最後に清算をする仕組みです。

大人数が一度に利用することから、社員証をリーダーにかざすことで清算を済ませ、次の給料から天引きするシステムを導入している会社も多く見られます。逆に言えば、赴任時にあまり現金を持っていなくても、最初の健康診断から社員証の受取まで完了すれば、後は会社内では食事が取れることも意味しています。社員寮についても、同じく入居者向けの食堂で食事が取れますが、ゴールデンウィークなどの連休時には短縮営業や休業もあるので注意しましょう。栄養バランスが考えられた定食メニューが豊富で、変化をつけられるように麺類も用意されています。

定食は値段に応じて3タイプほどあって、それぞれ日替わりで惣菜が変わるのが基本です。会社からの補助が入っているので割安で、なおかつ、期間工の肉体労働に見合ったカロリーと栄養をたっぷり摂取できるから、毎日元気に仕事を行えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です