期間工として働くこと

自分のやりたい事が見つからない時。前の会社を退職後、転職活動をしていて、どうしても次の仕事が決まる見通しがない時。仕事は人対人なので、一筋縄にはいきませんよね。どうしても、上手くいかず、家で鬱々としているのであれば、次の仕事が決まるまで、期間を決めて期間工として働くのはいかがでしょうか。

期間工というと、自動車工場で危険な作業を任されるイメージがあります。もちろん工場で働くという事は、常に安全を第一に作業する事を個々人で肝に命じて作業する場であり、有機溶剤を扱う作業も発生します。しかし、今日では、作業標準書、作業手順書、KYT(危険予知トレーニング)など、安全対策が義務付けられており、ほとんどのメーカー工場が行なっております。また、期間工の種類としても、自動車の車体自体を製造する自動車工場だけではなく、小型のエンジン部品を製造するメーカーや、自動車内部のワイヤーハーネス、コネクタを製造するメーカーなどの自動車部品工場、携帯電話や車載のチップを製造する半導体工場なども、期間工を募集しています。

製品が小型の工場ですと、女性も多く働いているようです。応募方法としては、企業がホームページや求人広告で期間工を募集していて、応募者が直接連絡をとる方法と、派遣会社が、応募者と企業の橋渡しをしてくれる紹介の方法があります。派遣会社が間に入ってくれる事で、企業の面接対策などを行なってくれるところもあります。寮付きで、半年以上働くとボーナスがつく仕事もあるので、一度探されてみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です