期間工と言う働き方について

製造業、特に大きな工場を持つ会社の場合には労働者の1部を期間工と呼ばれる従業員で構成する仕組みが存在している場合が少なくありません。期間工と言うのはその名称が示しているとおり契約期間に定めのある労働者のことをいいます。このような雇用契約を結ぶ理由としては、製造業においては常に安定した需要が見込めるわけではないと言う問題があり、急な減産時に適正な競争力を維持するためにはある程度労働力を調整することができるようにしておく仕組みが必要とされているからなのです。もしも期間工が存在していない場合、労働力を調整しなくてはならない局面においてはリストラを行うしかありません。

このような状況は企業にとってあまり良い状態ではなく士気も下がり生産性が落ち込むことになるでしょう。このようなリストラを敢行することなく自然な形で労働力の調整を可能にする仕組みを構成するためには期間工は不可欠な存在なのです。しかしながら期間工は恵まれない労働者と言うわけではありません。給与面の待遇は決して低いものではありませんし、契約期間中に生活することができる寮などを併設している工場が少なくないように、労働者にとって働きやすい環境の提供を行っているという特徴があります。

地方からの出稼ぎ労働者にとっては魅力的な就職先の1つとして数えられているのも事実なのです。地元に季節性のある本業を持っている人などの場合には一定期間だけ良い条件で働くことができる仕事は魅力的なものであり、生活の場の保証までされるのであれば至れり尽くせりと感じる場合もあるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です