期間工として働く人の特徴

製造業では期間工と呼ばれている待遇の労働者がいます。期間工とは契約期間に定めのある労働者という意味であり、採用された時点で契約解除の日程が決まっている契約で働くという仕組みになっています。一般的なアルバイトの場合、時給制で働くことにはなりますが契約期間に明確な定めのない場合がほとんどです。しかし期間工の場合には最初から契約解除の日程が明確になってしまうため不安定な職業と言う特徴を明確に持つことになります。

しかしながらこの期間工は製造業にとっては必要不可欠な仕組みであり、実際にこのような仕事の担い手も存在しているのです。具体的にはこの様に一定期間で雇用契約が解除される契約で働いている人材は急激な減産時の雇用調整のための調整弁としての機能を持っています。この様な仕組みが無ければ正規雇用の人間を整理する形でしか対応することが出来ません。しかしながら一定期間で自動的に契約が切れる労働者がいるという事実が雇用調整をしやすくしてくれるのです。

期間工の目的とはこのような会社の事情です。しかしながらこの様な仕事であっても興味関心を示す人は少なからず存在しています。例えば地方に特定の季節のみの仕事を持っている人はそれ以外の期間は出稼ぎが必要になる場合が少なくありません。この様な労働者の受け皿としては非常に人気が高いのです。

工場によっては契約期間中に生活の場とすることが出来る寮を併設している場合もありますので、働きやすいというメリットにつながる場合もあります。静岡の期間社員のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です