働く期間が定まっている期間工

2年11か月という縛りがあることで、働く期間が定まっているのが期間工です。これをデメリットとしてとらえる人も多く、安定していない職業のように言われることもあります。ただその期間クビになるようなこともなく、かりに仕事がないとしても補償はしっかり受けることができますので、2年11か月間は安定した収入を得ることができるのも期間工です。期間工の魅力としてあげられるのは、頑張った分その跳ね返りが強いのが特徴です。

昇給はバンバン行われますし、皆勤すればその分特別ボーナスが付くことも多く、残業代も高くなっていますので、稼ぎたい人にこそ、選択してほしい職種になるでしょう。ただ問題はその期間までにしか適用されないことです。2年11か月までそれが適用され、後で同じ職場に働こうとしても、その恩恵を受けることができず、最初からスタートになります。この点は注意しておきましょう。

ただし期間工には正社員登録制度があります。これは認められれば正社員になれるシステムであり、各メーカー力を入れている部分でもあります。国を代表するメーカーが多く、実績を作りたいことで積極的に登用していますので、チャンスは誰にでもあると言えるでしょう。この部分だけ見てみれば、未来がある職種と言えます。

いろんな事情で期間工を選択している人もいます。2年11か月という期間に対してしっかりとした見解を持っていれば、働きやすい職場にもなるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です