ブラック企業やバイトに関する問題は弁護士に無料相談

昨今、ブラックバイトやブラック企業という怖い言葉が大衆化しています。セクシャルハラスメントやパワーハラスメントが横行する企業、賃金や残業代が支払われない労働環境、更には有給や労災の申請が恣意的に封じられる、あるいは就業時間や規則が一方的に変更される現場等、そういったブラックな職場が、近年日本各地で急増しつつあります。長引くデフレ不況や経営者の指導力不足が、日本の労働環境のモラルハザードを引き起こしている、との見方も根強いです。職場や企業によってブラックな体質は様々であり、そうなってしまった原因は複雑です。

しかし、反対にブラックバイトやブラック企業への対抗策はとてもシンプルであり、一個人の会社員やフリーターでも、弁護士の支援を受ける事で法律に基づいたアプローチが出来ます。正直なところ、一個人の労働者が懸命に社内で訴えても、その意見はブラック企業側にスルーされます。ところが弁護士を味方に付けておけば、残業代の請求やパワハラ、セクハラに対する対処が可能です。ブラック企業やブラックバイトは、真面目な労働者の善意に浸けこむ形で賃金や人権を蹂躙します。

今、全国各地においてブラック企業に対する訴訟を起こす動きが始まっており、労働問題全般に関する無料相談窓口が設けられているのです。ブラックな環境に勤め続けると、まともだった同僚や上司も徐々に社の風土や方針に染まってしまいます。「パワハラの停止や、正当な残業代を求める自分の方がおかしいのかな?」と己の判断力を疑ってしまう心優しいサラリーマンやフリーターの方々もいますが、自己嫌悪に陥ってしまう前に必ず弁護士に事情を聞いてもらいましょう。

Filed under: IT・通信関連, チャットボット, 問い合わせTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website