相続や遺言書の問題は弁護士事務所に無料相談出来ます

弁護士に対して、警察官のように「事件が起きてから呼ぶ人々」というイメージを抱く日本人は多いかもしれません。そもそも日本国内ではトラブルが少ないため、有り体に言えば弁護士のお世話になる人々は少ないです。そのため、ドラマなどの影響から弁護士は刑事事件の弁護だけを請け負うお仕事だと解釈する人々も多く、法律事務所を利用する発想自体が無い方々が大半です。しかし、法律事務所のサービスはいま現在、多岐に及びます。

特に最近、注目を集めているのが遺産や相続問題のサポートです。一般の家庭にも、よく探せば多額の資産がありますし、年長者が亡くなった際、土地の権利所や株券、美術品、不動産の相続で揉めてしまう事例が存在します。兄弟間や姉妹館で揉めてしまうと、後々ライフスタイルに暗い影を落とします。遺言書を開封する時、弁護士に立ち会ってもらえば客観的な証人が得られますので、相続問題にトラブルが起きる事はありません。

またそもそも年長者が弁護士の指導のもと、正しい様式の遺言書を作成しておけば、土地や不動産、株式などの相続がスムーズに進められます。相続問題が起きる主な原因は、遺言書の表記ミスや誤読によるものです。プロが正しく作成を指導したり、法的な解釈に基いて遺言書を読み解けば、親族間の骨肉の争いは防げます。身近な法律事務所で相続・遺言書に関する無料相談が受けられる事もありますので、実際問題として、高齢の両親や祖父祖母がいらっしゃる家庭は相談を検討しましょう。

Filed under: IT・通信関連, チャットボット, 問い合わせTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website