消泡剤の代表的な用途とは

消泡剤は、さまざまな製品の製造工程において製品中に泡が残存することを防ぐために添加されるものです。使われる代表的な製造工程としては食費や化粧品、日用品などさまざまなものがあげられます。たとえば身近なところでは、豆腐を製造する際には消泡剤が使われることが多いです。もちろん添加されていない豆腐もあるにはありますが、豆腐の原材料である大豆に含まれるサボニンという成分は水に溶かして混ぜると石鹸のように泡立つ性質があります。

そのため、その泡を消すためには相当な労力が必要となるため、多くの場合その泡を消す手段として消泡剤を用いることで豆腐を製造する作業効率の向上や安定的な生産力を実現しています。なお、前述したとおり消泡剤を使わずに豆腐を作ることは可能です。ただ、気泡だらけの豆腐は見た目は悪いだけでなく食感も悪いうえに空気に触れやすい結果として品質が劣化しやすい点には注意が必要です。また、きれいな見た目に仕上げることは可能なものの、使用せずして実現しようとすると泡をすくい取ったり何度も布でこしたりするなどの多大な労力が必要となります。

つまり、その存在は豆腐を安定的に生産するためには欠かすことができません。一方で添加物であるがゆえに、その存在が入っていることにネガティブなイメージを抱く人も多いかもしれません。でも、消泡剤は食品添加物の中でも加工助剤に分類されており、これは最終的に食品中にその成分が残らないということを意味します。そのため、人体への影響を気にする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です