泡を消すために使われる消泡剤

泡を沈めるのが、消泡剤を使う目的です。泡が生じると、製造過程で品質を落としてしまったり、上手く作業できなかったりと問題が起こります。発砲液に消泡剤を混ぜると、膜を破って泡を消したり、泡が発生するのを抑止したりする効果があります。これにより、泡が生じることが原因のトラブルを避けることが可能です。

わかりやすい分野でいえば、食品で使われています。豆腐は製造過程で泡立ちが起こり、そのまま固めてしまうと形が悪くなります。また、空気が沢山入り込むので、傷む速度も早まってしまいます。消泡剤を使って消せばそのようなリスクを抑えることができます。

速効性があるのが魅力で、すぐに効果を発揮してくれます。泡は色んな原因で起こりますし、発砲液が水性か非水性かどうかで使える消泡剤が変わるので、適した用途をきちんと確認しましょう。メーカーの公式情報にも、どの製品がどの場面で使うのが良いか書かれていることが多いです。当然ですが、それぞれ活躍する場面が想定されていて、異なるタイプだと上手く泡を消すことができなかったり、効果が持続しなかったりします。

そもそもたくさんのタイプがある理由は、泡の発生原因ごとに使うべき物が異なるため、色んな場面を想定してそれぞれに適した物を用意しているからです。そこで、利用する側もしっかりとその意図を汲み取り、ふさわしい製品選びを心がけることが大切です。そして、定められた方法で適切に使用すれば効果を発揮してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です