消泡剤でトラブルメーカーの泡を撃退

シャンプーや洗剤などは、生活に欠かすことができない存在です。汚れを落とすための泡はとても重要なものになりますが、モノづくりの中ではそれが品質を著しく低下させてしあうなど、泡はトラブルメーカーともいわれている存在です。このようなトラブルは、タンクのオーバーフローのような非常にわかりやすいものだけでなく、充填剤でもあるフィラーの分散不良やコーティングの欠陥、スラム発生や製品分離、濡れ・浸透の阻害など、他にも一見して泡が原因になっていることがわかりにくいものも多々あります。従来、製造工程内で泡を取り除く方法としては送風や加減圧などの機械的な方法や化学的な方法が検討されましたが、最も効果が期待できるものとして化学的な方法への注目が集まりました。

化学的な方法でもある消泡剤は、わずかな添加量でも泡の問題を解決してくれる添加剤といえましょう。なお、消泡剤の作用には3つの機能が存在しており、泡を消して抑制し、泡を合一させて大きくして表面に浮上する速度を速めるといった3段階の効果です。界面活性のある物質が空気が液界面に配列することで安定化されますが、消泡剤は添加対象物の液体よりも表面張力が低い物質ですから、低い表面張力により泡膜を貫通させて破壊するメカニズムを持ちます。このとき、膜の厚みに応じて消泡剤が適切な粒子サイズで液体内に分散していることがポイントであり、消泡剤を選択するときの手掛かりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です