様々な場面で使われる消泡剤

消泡剤は、泡を消すことを目的として添加する物です。添加する成分は何に混ぜるかによって様々ですが、消泡剤を使う目的は共通で、泡の発生を抑制することです。身近なところでは、豆腐にも消泡剤は使われています。豆腐に使われるのは食料品用で人体に無害なものです。

そもそも、製造過程で残留することがないので、安心して食すことができます。手作業で取り除くこともできなくはないですが、非常に時間がかかります。消泡剤を用いれば泡の発生を抑え、既にできたものを破壊するので消せます。空気に沢山触れると見た目が悪くなるだけでなく腐りやすくもなるので、必要不可欠な存在と言えるでしょう。

塗料にも用いられます。泡が入っている状態だとなめらかにならず、上手く塗装することができません。そこでこれを使ってなめらかにしておき、均一に濡れるようにします。他にも排水の泡を消すことなどにも用いられるので、食品や工業などに広く使われている存在です。

消泡剤の成分は、主にシリコーン系と有機系にわかれます。それぞれ様々なタイプがありますが、目的別に最適なものを選択すれば成分を気にする必要はないでしょう。売られているものには用途がきちんと書かれているはずです。ネット通販でも購入できるので、簡単に手に入れることが可能です。

通販の場合はきちんと確認しないと間違って買ってしまう恐れがあるので、間違えないように詳細をよく確認した上で注文するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です