豆腐に添加されている消泡剤とは?

消泡剤は、液体に発生した泡を消すために使用されています。食品や化粧品など私たちが日々の生活の中で使用している様々なものに使用されていますが、消泡剤が添加されている代表的な食品には豆腐があります。豆腐の原料である大豆には、サポニンという成分が入っています。サポニンには、水に溶かすと石鹸のように泡が立つ性質があり、豆腐を製造するときには泡が発生してしまいます。

もともと大豆に含まれている成分が原因で泡が発生しているので、気泡だらけの豆腐を食べても健康に害を及ぼすことはありません。しかし、気泡だらけの豆腐は見た目があまり良くないうえに、豆腐が常に多くの空気に触れている状態となってしまうため、どうしても日持ちが悪くなってしまいます。この気泡を取り除くために、泡を何度もすくい取ったり、何度も布でこしたりする作業が行われてきましたが、これらの方法ではどうしても手間とコストかかるため、一度に大量の豆腐を生産することができなくなってしまいます。そこで、手間をかけずに気泡を消す方法として消泡剤が用いられています。

消泡剤には、界面活性剤やポリエーテル、高級アルコールなど種類がありますが、豆腐に使用されているのはシリコーン系エマルジョン型のケイ素もしくはグリセリン脂肪酸エステルであることが多いです。豆腐の製造途中に添加されますが、出来上がった豆腐の中には成分が残らないので、消泡剤を添加したことによる害はなさそうです。もちろん添加物が気になる方は多いと思いますが、安全性の高い添加物となっているので、そこまで過敏避ける必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です