消泡剤は生活の身近なところにある

消泡剤とは液体に発生する泡を消す作用のある添加物を指します。液体にほかの液体を混ぜると泡が出やすくなるため、泡を抑えるために使用する物です。泡を壊す作用のある破泡性と、これ以上泡ができないように抑えるための抑泡性の物が存在しています。界面活性剤やオイル、エマルジョンタイプの物が存在しており、それぞれの混ぜる物質に合わせて入れることが多いです。

オイルタイプは水っぽい液体に入れることが多く、すぐ泡が消える即効性があるといいます。油の成分をメインの原料として、表面にできた泡をすぐ消したいときに役立つものです。有名なものとなるのは豆腐を作るときに、泡を消す作用が高く毒性がないとされるシリコーンオイルを水性エマルションにしたものが使われています。入れておかないと豆腐の内部に気泡が発生し、スカスカでおいしくなくなるため、入れる物です。

なお江戸時代からこの用法は利用されており、当時は植物油を加工したものを入れていたといいます。消泡剤というといかめしいイメージが強いですが、実はとても身近な生活に存在している物です。食品や日用品、医薬品など手広く使用されており、使用しない物のほうが珍しいこともあるほどです。消泡剤の入った食品や医薬品を摂取して大丈夫なのかと疑問に思う人も少なくありませんが、安全性に関しては厳密な検査の結果、特に問題ないとされているため、安心して摂取することができます。

使用しているからといって危険性はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です