消泡剤の種類とそれぞれのメリットを知る

液体に泡ができた状態では不都合なことが生じるケースも少なくありませんので、適切に処理しなければなりません。そこで用いられることとなる薬剤が「消泡剤」と呼ばれるもので、液体に泡が発生する現象を防ぐことや、発生した泡を消すために添加します。消泡剤が用いられる場面はたいへん種類が多く、食品や工業製品の製造工程であったり、排水や汚水の処理を行う場合であったりと、シチュエーションによって様々な成分の消泡剤が使用されています。適切に使用することで製品の品質が向上したり、排水や汚水の浄化に寄与したりといった効果が期待できます。

成分によってポリエーテル系・シリコーン系・高級アルコール系などに分けることができ、シリコーン系の薬剤はさらにいくつかのタイプに分けられます。食品加工の際にも用いられるシリコーン系のエマルジョンタイプは、取り扱いが容易で比較的安価なために多くの場面で使用されているほか、高級アルコール系は製品の耐水性の影響が少ないといったメリットがあり、ポリエーテル系は貯蔵性に優れ少ない量での効果が期待できるなど、消泡剤の成分によって特徴が異なります。どの場面でどのようなタイプの消泡剤を使用するのかを検討する際には、高度な知識と豊富な経験を有する専門の会社に相談してみることがおすすめです。取り扱うこととなる製品や、工場設備等の状況に合わせて適切な選択を示してくれることが期待できます。

情報をまとめたウェブサイトを活用するなどして、適した製品選びを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です