泡を消す消泡剤について

消泡剤とは液体にできたアワや、それを防ぐために用いられる添加物のことです。発泡現象は製品の製造工程において作業の効率を下げたり、製品品質を劣化させたりするため消泡工程が重要となります。アワを消すための手段には物理的や機械的な方法と、科学的な方法があります。このうち科学的な方法が消泡剤の使用で、作業効率がよく経済的にも有利です。

発泡は気液間の界面現象で、主に水性や油性の液体中に含まれる界面活性剤や高分子化合物などが原因となります。アワを消すために必要なのは泡膜の表面張力を局部的に低下させてアワを破壊させるか、泡膜の表面張力を全面的に低下させることです。また、消泡現象には発生したアワを破壊する破泡と、発生するアワを連続して抑える抑泡があります。消泡剤にはさまざまな種類があり、主に界面活性剤やポリエーテルなどの有機系とシリコーン系に分類されます。

有機系の消泡剤は、汎用性は少ないですが水性の発砲液の消泡において優れているというのが特徴です。なかでも界面活性剤のタイプは疎水性が高く、水に入れると一定の温度以上で白濁分散し高い消泡効果を発揮します。安定性に優れ長期保存も可能です。シリコーン系の消泡剤にはオイル型やオイルコンパウンド型などがあります。

オイル型は溶剤や添加物を含まず、100パーセントシリコーンオイルです。水や溶剤の混入を嫌う油性の発砲液に力を発揮します。オイルコンパウンド型はシリコーンオイルにシリカ粉を配合したもので、油性の発泡液のほか水性の発泡液にも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です