消泡剤が製造の現場において重視される理由

製造などの過程において、その効率をダウンさせる要因はいろいろ存在します。液中で行う組み立てや加工においては泡もその一つです。素材などに付着してしまうと、それを落とすための作業が発生してしまいます。そのまま強引に進めると、耐久性が落ちたり発色が悪くなったりするなど、クレームにつながることも珍しくありません。

それを回避するために、製造の現場では消泡剤というアイテムをよく使っています。あらかじめ、製造の液にまぜておくことで効果を発揮するため、使用において特に手間はかかりません。ただし、これを活用したいなら、消泡剤の仕組みを十分に把握しておいたほうが良いでしょう。そうしたほうが適切な濃度を選びやすくなり、高い効果もキープしやすくなります。

発泡という現象は、空気を液体が薄い膜でコーティングすることで起こるものです。したがって、その膜が作られないようにすること重要になります。また、発生した場合は、その膜をいち早く破ることも必要です。これらを可能にする成分が消泡剤には含まれています。

具体的には、泡の表面に作用して不安定な状態に導くという仕組みです。発生しても瞬時に破壊されるため、少なくとも製品の表面に定着するような事態にはなりません。ただし、破壊までにかかる時間は、品質や濃度などによって異なります。したがって、これから自社に導入する場合、商品選びと希釈の方法について事前にチェックしておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です