消泡剤の効果と人体への影響について

消泡剤は最近では豆腐を作る際に発生する泡を消すために使用されることが多いことから、話題に上ることも少なくありません。人工的に泡を消す成分であることから、人体にも何らかの影響があると考えている人が多いものです。実際に本来豆腐には含まれないはずの成分を利用してその効果を得ているため、厳密には使用しない方が良いと考えられるものでもあります。そのため、消泡剤を使用している豆腐は人体に有害であると考えることも多いのですが、実際には物理的には影響がないと考えられている面もあります。

それは消泡剤に含まれる成分は豆腐本体とは科学的に結合しないものであり、また豆腐はその製造工程で基本的には水洗いをするものとなっているため、その中に含まれる事はほとんどなく、安心して利用することができるものとなっているのがポイントです。古くからの豆腐の製造工程では消泡剤は存在していなかったため、その過程で発生する泡を丁寧に取り除き作ることが一般的となっていました。しかしこの工程は非常に面倒なものである上、常にその作業を行わないとすぐに泡が発生してしまうことから、豆腐を作る人にとっては非常に大きな負担となっていた経緯があります。消泡剤が科学的に人体には影響を及ぼさないことから、最近では多くの場面で積極的に利用されるようになっており、またこれを使用している豆腐が市場に出回っていることから、基本的には人体の影響は無いものと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です