扱いやすさで消泡剤を選ぶことが重要

何度も発生してしまう発泡現象に対処するために、何かできることがないかと探している方々におすすめなのが、表面張力を低下させる効果が期待できる消泡剤です。局所的ではなく全体的に表面張力を低下させるものが増えていて、少量でも広範囲の発泡を抑えられるものが欲しいと考えている方々は、製品ごとの違いについて調べることをおすすめします。最初に調べておきたいのが配合されている成分の違いで、水性発泡液にも効果的なものが必要な時には、シリコーンオイルとシリカ粉を配合したものが理想的です。オイルコンパウンド型とも呼ばれており、油性発泡液に使いやすいシリコーンオイルにシリカ粉を混ぜることで、水性発泡液でも瞬時に効果を実感できる消泡剤に変化します。

水性発泡液だけに対処したいのであればエマルジョン型を選ぶのがおすすめで、廃水の処理にも使えるのが特徴です。オイルコンパウド型とエマルジョン型でコストに大きな違いが出ることもないので、目的に合わせて導入する消泡剤を気軽に変更できます。酸性やアルカリ性の発泡液に消泡効果を発揮したいのなら、自己乳化型を選ぶのが最適です。不凍液や切削油などに効果を発揮するだけでなく、持続性で優れているのも自己乳化型の利点だと言われています。

用途に合わせて導入する消泡剤を選ぶだけで、作業の効率にも大きな違いが出ると考えてください。エマルジョン型は汎用性の高さで評価されていますが、保存が難しいなどのデメリットがあるのは気を付けたい点です。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です