豆腐を作るのに使われている消泡剤

大豆とにがりで作られているイメージが強い豆腐ですが、パッケージの裏側の原材料を見ると消泡剤の文字があります。ほとんどの人は気にしていませんが、一体何でしょうか。添加物の一つであり、豆腐の生産をスムーズに効率的に行うために使われるモノです。漢字を見てもわかるように泡を消すためのモノであり、そうすることで生産性がアップするのです。

豆腐を作る時に、大量の泡が出てきますがそのまま作ってしまうと泡だらけの豆腐になってしまいます。泡の中は空気ですから作った豆腐がすぐに悪くなってしまいますし、舌触りも悪くなってしまいます。昔ながらの作り方なら何度も布で豆乳を濾して泡を取り除いていきますが、手間と時間がかかってしまうのです。しかし、消泡剤を入れることで泡を簡単に取り除くことが出来るので、作業効率がアップするというわけです。

添加物なので体に害があるのではないかと心配する人もいますが、問題はありません。豆腐が完成したときには、その成分はほとんど残っていないので体に影響はないのです。確かに昔ながらの製法と材料で作っている豆腐は少ないかもしれません。消泡剤という便利なものがあるので使用している工場や豆腐屋さんが多いのは現実です。

現代社会において生きていくうえで添加物を取り除くことは非常に難しいです。自給自足の生活をしない限りは無理だと言えます。それでも、自分が食べたり飲んだりするものに興味を持ち理解することは大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です