消泡剤で機械の消耗を減らすことができる

消泡剤は、文字通り生じた泡を消すために提供されている製品です。消泡剤のメリットは、機械製品に強いという点です。元々、機械製品は水分に弱い傾向がありますので、水分を減らすことができる消泡剤は様々な場面で使うことができます。代表的なものでは、汚水を回収するための装置です。

例えば、モーターに水分を回さないようにすることが可能です。基本的に、泡は放っておくと上へとのぼっていくことになりますが、これは表面張力が働いているからです。消泡剤には、この表面張力を下げる力がありますのでモーターに水を回らないようにすることができるようになります。同様に、こういった対策ができる影響で水分を減らすことができ、機械製品の故障率を軽減できます。

泡は、とても軽い物質であるためモーターに対して水分を運ぶ役割を果たしてしまいます。これを阻害することができるのが消泡剤であり、結果的に故障率を低下させることに繋がります。実際に、モーターに水分が付着しすぎると劣化が促進されるので注意が必要です。製品によって種類が豊富であることも、使いやすいといえます。

オイルタイプのものもあれば界面活性剤タイプのものもあります。特に、オイルタイプのものは油性物質を主成分としている傾向がありますので、即効性に特化した効果を発揮できます。一方で、持続性に優れているのが界面活性剤タイプのものです。長期保存が楽なので、管理が楽になるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です