掃除をする時に泡立ち過ぎないように消泡剤を使う

掃除用洗剤を使って掃除をしていると、泡立ちが良過ぎて水で流してもなかなか泡が消えない事があります。仕上げを行いたい時に泡が消えないと、余計な時間がかかってしまいます。泡が発生しにくくする、あるいは泡を消したりするには消泡剤を使います。ハウスクリーニングを行っている会社では、界面活性剤と消泡剤を組み合わせた洗浄剤を使って清掃をしています。

プロの現場で使われている方法は、家庭で清掃をする時のヒントになり、泡立ち過ぎないようにするには、消泡剤を洗剤に混ぜてみるのも良いでしょう。基本的に業務用の物が販売されていますが、オンラインショッピングモールやホームセンターなどで入手する事が出来ます。サイズは大きめのボトルからスプレータイプまで揃っており、使用頻度に合わせて、購入する商品を選ぶようにしていきます。泡を消す事で、掃除は格段にし易くなり、界面活性剤の洗浄力は落ちる事がありません。

泡が消えてくれると、清掃をした後に水で流す際に、泡切れが悪いといった事が生じず、スムーズに泡を流せます。消泡剤は、プロもハウスクリーニング用の洗浄剤を作る時に使う物であり、その効果は折り紙付きです。効率的に清掃を行えるようにするには、家でも界面活性剤と消泡剤を混ぜて洗浄剤を作るようにしておくと、家の掃除も捗ります。短時間で掃除を終わらせるテクニックの一つとして活用していくと、効率的な清掃を心掛ける事が出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です