泡によるトラブルを無くす消泡剤

液体などに発生する泡はそのままにしておくとさまざまなトラブルの原因になります。例えば塗料などに発生すると、塗料を塗った時に邪魔をして均一に塗ることができず、色が不整になったりして汚くなり、液体を貯蔵する容器も液量以上に泡が増えてしまうと、オーバーフローを起こしたり、食べ物では豆腐などが表面にぶつぶつと不整な面ができ、見た目が悪くなるトラブルを発生します。内視鏡などで胃や腸の中を観察しる検査においても泡が内部が観察できないと検査精度が落ちて、細かな病変を見逃すこともあります。これらのトラブルを防止するために消泡剤は存在し、さまざまな成分に混入され使用されています。

消泡剤は薄い膜の中に気体を取り入れている泡の表面に入り込む性質があり、入ることで割れやすくします。僅かな衝撃で割れると消失してしまい元の液体に戻る効果があります。これにはさまざまな種類があり、ごく微量の添加め著しい効果を発揮するシリコン型や、効果が長く持続するオイル型、あらゆるものに溶け込みやすく馴染みやすいエマルジョン型などがあり、それぞれの用途に合わせて使われています。医療用に使われているものは、直接口から飲用するものなので甘い味が添付されていて、そのまま少量飲用したり検査薬であるバリウムなどに入れて使用します。

胃の中に入った内視鏡やバリウムの刺激によって発生した泡を消去することで適正な検査を実現していて、消泡剤はこのようにあらゆるものに数量含むことで、大きな効果を発揮している薬剤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です