消泡剤って何?どんなところで使われているのか

消泡剤という言葉は、日常で耳にすることはあまり多くないかもしれません。これは何かといえば、液体の中に泡が生じるのを防ぐ、又は生じた泡を除去するために入れる添加物のことです。消泡剤は、いろいろな製品に使われていて、主に製造過程において泡が出ていると不都合になる際に使用されます。身近なところで言えば、食品や化粧品などを作る工程で使われることが多いです。

消泡剤の種類は大別すると、シリコン・鉱物油・ポリエーテルに分かれます。この中で一番汎用性が高いものがシリコン系であり、水性・油性いずれのものにも有効性が高いです。安全性も高く、食品はもちろん工業分野などにおいても多く使用されています。日用品の中には、洗剤など泡の性質を利用して汚れをとる製品があり、あらゆるところで活躍している一方で、一定の分野では、泡が有効的ではなく不具合が生じる場合があるのです。

例えば、塗料などを作る過程で気泡が入ると、ざらついたりして品質が低下します。また、洗剤も出過ぎると排水時に泡があふれてしまうなどの問題が生じます。この、製造過程で泡を消すという工程がいつから行われていたかと言うと、なんと江戸時代には既に始まっていたようです。当時は、豆腐を作る際に植物油を加工したものを使って、豆乳の泡を消していました。

現在は、毒性のないオイルをエマルジョン化して使用され、医薬品でも腸などにたまったガスを取り除く目的で用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です