豆腐づくりに欠かせない消泡剤

豆腐づくりに欠かせないものと言えば、にがりを思い浮かべるかもしれません。水や大豆といった答えもあるでしょう。職人の腕といったユニークな回答もあるかもしれません。当然職人の腕が一番なのは確かなことです。

ですがほとんどの人が答えていないものに、消泡剤があります。実はこれが一番欠かすことができません。消泡剤という単語を初めてきく人もめずらしくないです。消泡剤はまさに縁の下の力持ちですから目立つ存在ではないです。

では豆腐づくりに欠かすことのできない消泡剤とはなんでしょう。字のごとく、泡を消す添加物のことです。豆腐は立派な形をしており、自然に崩れることはないです。この崩れないようにするために消泡剤を使っています。

豆腐の中に泡(気泡)が発生してしまうと、気泡が大きくあり崩れて商品になりませんので使います。この添加物は人体に影響がないですので安心して食べることができます。毎日食べたから人体に少しずつ蓄積することもないです。このように人にはわからないところで使われており、形を整えるために使っているとはまさに目からウロコです。

豆腐を食べるとき、箸を入れ込むさい、ぜひこの液体のことを思い出してください。きれいな形がおいしさを魅了していることは大切なことです。他にもいろいろな食材にも使われており、医療現場でも不可欠となっています。日常生活において、この添加物がどこで使われているかを調べてみるのも楽しいかもしれません。

消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です