浅草できびだんごが買える店

浅草のきびだんごは、江戸時代に仲見世通りなどで実在したものを実演販売により再現している店があります。

「浅草きびだんごあづま」というお店では、できたてのきびだんごのほかお土産用のものも販売しており好評です。できたてタイプのものは実演販売で販売しており、いつでも新鮮でおいしい味がします。

また、お土産タイプのものはお家でできたてが食べられるお土産用としてきなこを付けているのが特徴であり、こちらは熱湯でゆでることですぐに食べられるようにしています。こちらも、家族などに食べさせてあげると喜ばれるため良いでしょう。

きびだんごは、だんごにきびをまぶした昔ながらのお団子で甘い味がするのが特徴だったのですが、江戸時代に食べられていたのは、実はきびを使ったものではなくきなこを使っていました。

一時期名物だった浅草のきびだんごは、その後長い間見かけなくなってしまいました。しかし、そこでは江戸時代に食べられていたものをそのまま再現しており、昔ながらの味をそのまま堪能することができます。注意点ですが、仲見世通り一帯は現在も残る由緒ある通りなのですが、ここは飲み食いなどは禁止されていますのでもしも食べるのであれば店のスペースか、あるいは人通りの少ない別の道を選んで食べるようにすると良いでしょう。店舗のある位置は浅草の仲見世通りの1番雷門よりの場所にあります。ほかにも冷やし抹茶や甘酒など、江戸時代らしいメニューがありこちらも好評です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です