外国人にも人気の浅草のきびだんごは栄養満点です

浅草は東京を代表する観光地であり、日本人はもちろん、外国人観光客にも人気の場所となっています。

神社仏閣は外国でも有名で、雷門と浅草寺は浅草の代名詞とも言えます。また、外国人にとって浅草は風景全体が日本を象徴しておいる様に感じられ、一番日本に来ていることを実感できると場所と言われるほどです。外国人にとって浅草は、日本ならではのお菓子や料理が食べられるグルメの場所でもあります。特に絶対に行きたいのが仲見世通りで、300年近い歴史のある商店街は長さ約250メートルで、東側に54店、西側に35店、計89店の店舗があり、日本らしい絶品和菓子のお店が立ち並んでいます。

その中でとくに有名なのが「きびだんご」で、お店の前にはいつも列が出来るほどの人気です。きびだんごは江戸時代から仲見世に実在した歴史の古いお菓子で、現在でも雰囲気をそのままに実演販売をしており、目の前で茹でたてのお団子に、きな粉をたっぷりまぶして出してくれます。

また、きびだんごはとてもヘルシーな食べ物で、原料は茎の長さが2メートル以上になる「たかきび」で、赤い実をつけるヘルシーな植物を使用しています。たかきびの成分にはポリフェノールとビタミンB1、植物繊維とミネラルが含まれており、女子には嬉しい栄養満点の美味しスイーツとなっています。1本が小ぶりのお団子なので、口にほおばりやすいサイズとなっており、子供や女性はもちろん、外国人にも人気でお土産としても人気の商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です