浅草のきびだんごを現地や家で堪能しよう

浅草ではきびだんごが実演販売されていますが、この食べ物は実際に江戸時代から食べられていた和菓子です。

昔話ではよく聞くけれど、実際に食したことは無いという方もいるでしょう。実演販売だと、まだ温かなものを食べることができます。できたての魅力は、目で見て匂いをかいで食欲をそそられたところで、ホカホカを食べられるところです。5本セットになっているといっても食べやすいサイズだから、一人でも食べ切れるし、複数人で分け合って食べるのも楽しいです。きな粉は甘すぎないから、普段甘い和菓子は苦手だという方もチャレンジしてみるとよいでしょう。

観光客などで人通りが多いので仲見世通りでは食べ歩きは厳禁だから、実演販売で買ったときすぐに食べたいという方は、お店の決められた場所で食べましょう。すぐに移動したいという方は、実演販売のホカホカではなく、お土産用に準備された浅草のきびだんごを買って家で食べるのもよいです。実演販売よりも量が多い10本入でお土産に最適、きなこも付いています。

熱湯で茹でてアツアツにしてからきな粉をかけて食べるようになっているので、家でもホカホカの美味しさを堪能することが可能です。和菓子には抹茶だという方は、一緒に季節限定だけど冷やし抹茶があって、お土産用にも売られています。暑い夏に浅草のきびだんごをおやつにするなら、一緒に買ってもいいかもしれません。ほんのり甘い抹茶だから、お子さんも飲むことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *