浅草・雷門エリアのホテル選びのコツ

昔ながらの下町情緒溢れる街というだけでなく、近年世界的に注目度の高い観光地に「東京・浅草」があります。

もともと日本人観光客が多かったのですが、最近では海外からの人気が高まり、外国人観光客が増加している傾向があります。世界各国から多くの人が訪れる場所であることから、ホテルの数も多く、初めて行く場合はとても迷うと思います。ここではそんな浅草でのホテル選びのコツを説明します。まず、宿泊先としておすすめしたいのは「雷門周辺エリア」です。このエリアは駅からも徒歩圏内の場所で利便性が高いです。

浅草寺や仲見世といった浅草を代表する観光名所が集中しており、短い時間でも浅草の雰囲気をダイレクトにかんじることができます。飲食店やお土産屋さんの並ぶ商店街アーケードもあり、屋根がかかっていることから雨天時でも行動しやすいメリットもあります。また、季節によっては、「三社祭」や「サンバカーニバル」といった世界的にも知名度が高いイベントの会場となっており、目と鼻の先でそれらを見られるだけでなく、いつでも近くのホテルに帰れるという安心感を得ることもできます。

もともと雷門付近は老舗のホテルが多い場所でしたが、近年では高層のラグジュアリーホテルもできており、高層階の窓から観光地を見下ろすことも可能になりました。このように雷門付近はその知名度だけでなく、実際にべんりで魅力的なポイントが多いことから、宿泊先としておすすめなエリアになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *